img

クリニック開業で失敗しないために!注意すべきポイントを解説!

クリニック開業

健康志向の意識が高い日本人の国民性もあって、病院を利用する人が多くいます。そのような背景もあり、クリニックの倒産は少ないといわれています。実際には経営母体が変わったり、大手医療法人の傘下に入ったりすることもあるようです。一方で、クリニックを開業するとなるとかなりの資金が必要でしょう。また、各官公庁への申請も必要です。今回はクリニック開業がスムーズ進行するように、大事なポイントを紹介します。

クリニックは成功例ばかりではない

高齢化社会が進み、今後もその傾向が進行するのは明らかです。日本が誇る保険医療制度もあり、また、国民の健康意識が高いことから医療機関の需要は多く、クリニックを開業しても失敗することは少ないでしょう。ただし、クリニックで受診する患者さんが多くても、経営が大変な状態に陥っているケースは稀にあるようです。そのようなケースに至った経緯について紹介します。

開業前の検討事項

一旦クリニックを開設すると、簡単に閉鎖できません。それだけにどこで開業するか、開業する場所が、その後のクリニック運営に大きく影響します。まず、クリニック開業前に十分に検討すべき項目を解説します。

開業する場所

クリニックを開設する場所は大変重要です。何科を開設するかにもよりますが、近隣に同じ科の医院があるエリアで開院するのはおすすめできません。また、患者さんが無理なく通院可能な500m範囲の年齢別人口を把握しておきましょう。さらに、車で通院可能な1km範囲の年齢別人口も把握し、駐車場や道路事情までも理解し、開業場所を選ぶようにしましょう。急いで、開業しても通院が困難なロケーションであれば、高齢者の患者さんなどは敬遠する場合があります。

過剰投資

クリニックを開業するときに借入をすることがあります。高価な最新設備を導入するためには資金を必要としますが、借入金が多すぎると返済に追われ、稼いでも、稼いでも返済に充てることがあるようです。失敗ではありませんが、余裕がなければ無理をするようになり、スタッフの給与に回す余裕もなく、待遇がよくなければスタッフの離職が多くなります。新規開業のクリニックは、新しい設備は重要ですが、クリニックの規模を考えて、医療用装置の設置を検討することが重要です。

開業するまでに申請事項は終える

新規にクリニックを開業する場合は、保健所や市区町村役場や税務署にまで届出があります。申請の内容によっては、書類を提出して許可が出るまで時間がかかることもあるでしょう。申請が遅れれば遅れるほど、開業も遅くなることがあります。クリニック開設に詳しい専門家などに相談し、計画通りオープンできるように準備することも大切です。

開業後の検討事項

実際にクリニックを開業してからも常に考え続けなければならないポイントはあります。患者さんへ最善の治療ができるように、最新の医療情報を研究することは当然の務めです。それ以外にも、クリニックを運営していくうえで重要になってく問題があります。

スタッフは重要

クリニックを開業するときは看護師がいなければスムーズな問診も治療もできません。また、診療科によりますが、理学療法士や臨床検査技師も必要になります。さらに、医療事務のスタッフはどの診療科でも必要になるでしょう。

クリニックで患者さんが接触するのは医師だけでなく、看護師さんや他のスタッフさんとのコンタクトの方が多い場合もあります。やはり、評判のよいスタッフが必要です。また、病院スタッフは比較的異動が多く、クリニック経営の面からみるとスタッフ確保は重要です。

よいスタッフ確保のためには給料はじめ、待遇をよくすることも大事になります。また、看護師など女性スタッフが多い場合は、スタッフ同士の人間関係にも気を配ることが重要です。

口コミは重要

インターネットの普及で、良くも悪くも口コミが影響します。クリニックについてインターネット上に書き込まれている情報は大量にあります。信憑性が疑われるような内容も多くありますが、インターネットの口コミは無視できません。常に、ウオッチして適切な対応をしましょう。

ホームページの開設

現在、40代までの方々はさまざまな情報をインターネットから得ています。50代、60代でもスマホを持ち、インターネットを閲覧している方が多いだけに、クリニックもホームページが必要です。

ホームページは問い合わせも、予約もできるだけに開設するとメリットがあります。一旦開設すると、定期的に閲覧して回答や返事も必要になりますが、来るべきオンライン診断などの時代を見据えて、ホームページを持ちましょう。

まとめ

莫大な医療知識をもっている医師でも、クリニック開業の手順や、クリニック成功のノウハウの知識は十分でない場合があるでしょう。クリニック開設を請け負う専門業者さんがいます。クリニック開設の成功事例を知り、失敗しやすいケースも知っています。そのようなクリニック開設のプロに相談することもおすすめです。

「山口修建築設計事務所」は、一級建築士がお客様の望む建物を、機能性とデザイン性の両面からとことん検討し、お客様に納得いただけるまでこだわりを追求します。他で見られない唯一無二の建物を目指し、使いやすく便利で、しかも個性がありながらも地域に根付く建築を生み出します。ぜひ、どのようなこともでもご相談ください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30